ドワンゴ賞

〈 賞金 各部門10万円 〉

その発想はなかった部門

「うづきの牛丼」神斬ゼロ式さん作

ゲームキャプチャー
作品概要

食材収集をしながら料理をしていく、RPG & 経営シミュレーションゲーム。経営シミュレーションでは時間経過とともに売上がはいるので、起動したままでお金を稼ぐ放置プレイも可能です。

  • ジャンル : RPG&経営シミュレーション
  • 想定プレイ時間 : 約1時間半
選考理由

ハック&スラッシュ+お店経営ゲーム。可愛いオリジナルイラストと独自の世界観という自作ゲームらしさと、放置系経営シミュレーションという現代的なゲームデザインが合わさったところに「その発想はなかった」と感じました。RPGというのは長時間がかかり、それがゆえに好きなひとと嫌いな人が別れるゲームです。伝統的なRPGに「放置要素」をいれてプレイ時間が「無駄にならない」感覚というのは、余暇時間を有意義に使いたいと思っている現代のユーザーに寄り添ったデザインだと思いました。様々な要素のバランスが良く、非常に発展性のあるゲームです。

その発想はいらなかった部門

「いらすとやでBLゲームした狂気の残骸が出てきた」
カツサダ(羊蹄)さん作

ゲームキャプチャー
作品概要

いらすとや素材を使用した、BL恋愛アドベンチャーゲームです。

  • ジャンル : BLゲーム
  • 想定プレイ時間 : 約5分
選考理由

この部門で何か解説を加えるというのは、大変無粋です。全作品のなかで最も「その発想はいらなかった!」と叫びたいものが選ばれています。作者のカツサダさんはRPGアツマールに19作品を投稿しています。サービス開始当初は毎日ゲームが投稿され、「ゲームはふつう制作に3ヶ月はかかるものでは…!?」と運営の度肝を抜きました。一つ一つのゲームに仮説(アイディア)があり、テンポの良いゲームデザインで、職人めいた腕前を感じました。その中でも本作は最も現代のネット的な作品です。「いらすとや」「BL」「実況向け」「ツクール」「スマホ用」「物語」「ネタ」と、短い作品のなかにあらゆる要素が詰まっています。それゆえにどんな人でも思う存分ツッコめる作品になっており、コメントができるアツマールには最適のゲームだと言えます。思う存分「wwwww」を打ちたくなりました。

謎の技術部門

「マウスの横を叩いて操作するゲーム 『壁DooooN』」
うどんぱさん作

ゲームキャプチャー
作品概要

謎の技術を使用した「マウスの横を叩いて操作する」壁ドン体感ゲームです。3種類の壁ドンを遊べます。それぞれ数分で終わるスコアアタックゲームです。スコア画面などをツイートしよう。

  • ジャンル : 壁ドンアクション
  • 想定プレイ時間 : 数分~
選考理由

ゲームの楽しさは、一人で淡々とプレイするだけではありません。「みんなで遊ぶ」というのはアナログやアーケードの時代から続く王道の楽しさであり、近年「実況」や「イベント」によってさらに注目されている楽しさです。本作はみんなで遊ぶことに特化したゲームです。マウスの横をドン! と叩くシンプルな操作で、誰でも楽しめるパーティーゲームになっています。ゲーム構成も非常に巧みで、3ステージで全て異なる身体の使い方をするような設計になっています。ゲームよりも「プレイしている人を見るのが楽しい」という狙いを、マウスの振動検知というシンプルで頑強な技術で実現しているところに「涸れた技術の水平思考」という言葉を思い起こしました。とても優れたゲームデザインだとおもいます。

期待の新人部門

「Steel howling」Achamothさん作

ゲームキャプチャー
作品概要

男が目覚めると、そこは殺人鬼の家だった。『聞かせて。鉄のような叫び声』 全編手描きマップで魅せる、"殺人"と"メタル"の探索サイコホラーADV

  • ジャンル : ホラーアドベンチャー
  • 想定プレイ時間 : 1時間~2時間以下
選考理由

何よりも斬新な世界観に感動しました。唯一無二の世界観を、豊富な手描きのイラストが支えています。言語感覚や音楽のセンスも尖っており、どの要素を抜いても「このゲームしかない」ユニークさを感じます。単に独特なだけでなく、「煮えたぎる音がするだけの部屋」「クイックタイムイベントで物語に参加」「3人のJから始まる人達」などそゲーム演出としてそれらを上手く伝えており、世界に没頭できます。物語や世界観を楽しむというのは、自作ゲームの王道の楽しみ方の一つです。日本だけでなく世界を見渡してもユニークな世界観というのは、非常に素晴らしい魅力です。

ガチ部門

「[殺し合い推理] 異世界勇者の殺人遊戯《デスゲーム》」
らふげーむさん作

ゲームキャプチャー
作品概要

異世界転生×デスゲームのアドベンチャーゲームです。
※ホラーゲームではありません。

  • ジャンル : アドベンチャー
  • 想定プレイ時間 : 約1~2時間
選考理由

審査員のなかで最も議論が分かれたゲームです。キャラクターの魅力や、展開を引っ張る謎、演出などはずば抜けているのですが、どうしても特定の推理ゲームを思い起こします。作者自身が好きだと公言しているように、物語の感覚が似ているのです。しかし、ゲームとして見てみると、別に全く似ていません。イラストはフリー素材ばかりですし、作りはツクールのスタンダードなゲームです。要素がこれほど違うのに本当に「似ている」のでしょうか・・? そもそもRPGツクールというのは大手のRPGを再現できることが魅力のツールで、多くゲームはその影響下にあります。我々は純粋にゲームとしてどれほど心を掴まれるのかに注目し、キャラクターや物語が最もキャッチーだったこの作品を選びました。思わず「続きがプレイしたい!」と言ってしまう、素晴らしい作品だとおもいます。

敢闘賞

ベストシューティング賞

「チキンシューティング」

kienさん作

ゲーム情報画像

選考理由

自分でユニットをカスタムでき、個性が出て面白い。当たり判定も細かくツクール製とは思えない出来でした。

インパクトシナリオ賞

「人格診断MV」

弓猫さん作

ゲーム情報画像

選考理由

手軽に性格診断が楽しめて、さらに物語を進めることも出来る味わい深い作品。 マルチエンディングに感動しました。

激ムズボール転がし賞

「ボール転がしアクション「BALLMAZE」」

はどはどさん作

ゲーム情報画像

選考理由

まるで実際に囲いのない板の上でボールを転がしているような緊張感を味わえる。 難しい分クリアした時の感動が大きい。

ハラハラRPG賞

「いっぽも歩けない勇者」

パンダコさん作

ゲーム情報画像

選考理由

追い詰められた状態でどう行動するかの駆け引きが楽しめる。 行動に時間制限があるところが良い。

強敵アクション賞

「ドリームカマー」

アカさん作

ゲーム情報画像

選考理由

本格的なアクションシステムとレトロさに惹かれました。 パスワードを入れると好きなステージを遊べるのが親切。

ベストパズル賞

「感覚共有 ~チェイン・シンクロ~」

エイジ・エジェネスタさん作

ゲーム情報画像

選考理由

ルート選びにとても頭を使いました。 シナリオパートの会話もスチルが派手かっこよく楽しめました。

ユーモア対決賞

「麻雀ポーカー ~バトル列伝~」

たかしうむさん作

ゲーム情報画像

選考理由

麻雀やポーカーを用いた独特なバトルシステムで珍しい。 画面のデザインもよく考えられていると思いました。

アイデアRPG賞

「『コトダマコダマ』~お前のセンスに任せるRPG~【PC_android】」

野良ペリカさん作

ゲーム情報画像

選考理由

プレイヤーに自由に入力させた言葉がゲームに濃く反映されているのが 斬新でおもしろい仕組みだと思いました。

シンプルRPG賞

「超王道RPG」

雀村さん作

ゲーム情報画像

選考理由

一見、シンプルな作品ですが、テンポの良い展開や会話がおもしろくて魅力的でした。 全体的にアバウトなところも

イケメンハンター賞

「キュンぴっと」

モソモソさん作

ゲーム情報画像

選考理由

画面デザインやキャラクターが可愛い。 ゲームシステムも凝っていてテーマがしっかり意識されているなと思いました。

ユーモアアクション賞

「おこた・ブラックホール」

いずさん作

ゲーム情報画像

選考理由

パッと見ただけで目的がわかるようなデザインになっている。 キャラクターに愛着が持てる点も良かったです。

ベスト東方賞

「霊夢はなんだかとてもねむい」

川崎部さん作

ゲーム情報画像

選考理由

現れるキャラクターがどれも可愛く、どんどん部屋に招きたくなる。 放置ゲームなので手軽に遊べるのも良かったです。

爽快アクション賞

「ずらっとばんばん」

りばりーさん作

ゲーム情報画像

選考理由

キャラクターの動きがとても可愛い。 バリアを駆使するなどシステムもおもしろくてどんどん敵を倒したくなりました。

ベストホラー賞

「SEED」

今夜宵樹さん作

ゲーム情報画像

選考理由

演出が上手く、次はどんなことが起こるのかとドキドキさせられました。 違和感のある雰囲気の表現が絶妙です。

タイトルマッチ賞

「勇者と魔王の電流有刺鉄線ロシアンヴィンゴ金網デスマッチ!」

寿かはさん作

ゲーム情報画像

選考理由

デスマッチ感あふれるデザインがとても魅力的でした。 ルールもプレイしながら把握できる点も良かったです。

ポジティブ賞

「フィジカル勇者」

えーしゅんさん作

ゲーム情報画像

選考理由

出だしの戦闘で強さを可視化しているのがわかりやすくてよかった。 テンポの良いポジティブな会話に元気を頂きました。

男前なハゲ賞

「ハゲだけど異世界を救いたい!」

ヘイヘイさん作

ゲーム情報画像

選考理由

プレイヤーにセルフつっこみさせたくなるようなシナリオや名称が最高でした。 独特な世界観に脱帽です。

ベストスマホUI賞

「【完全タッチ操作】Rule.of.Dungeon ~我が家の近所は迷宮だらけ~」

坂田晴美1人技術研究所さん作

ゲーム情報画像

選考理由

スマホに特化したUIのデザインやシステムが魅力的でした。 操作もしやすく、プレイヤーが馴染みやすい作りになっていると思いました。

心温まる絵本賞

「しろくまクリスのたんじょうび」

王子とツバメさん作

ゲーム情報画像

選考理由

とても心温まる雰囲気が魅力の作品。 絵本らしさもしっかり表現されていて素敵でした。

グッドデザイン賞

「キマイライフ」

ZZ ZZZさん作

ゲーム情報画像

選考理由

殺伐とした文面にスタイリッシュなグラフィックと、どちらも印象強い作品。 無駄がなくしっかり作りこまれていて感心しました。

個性派キャラクター賞

「【連打RPG】まじめ系クズの脱出」

ナンキダイさん作

ゲーム情報画像

選考理由

激しい連打のミニゲームが個性の強いキャラとマッチしていました。 会話もつっこみどころ満載で楽しめました。

ベストアニメーション賞

「冷蔵庫にあったケーキを妹の物と知りながら食べてしまった」

夏の音さん作

ゲーム情報画像

選考理由

ダイナミックなアニメーションに驚かされました。 動画的な楽しみ方と選択もできるゲーム性がおもしろかったです。

ホラーゲームブック賞

「Garden Room」

てすとさん作

ゲーム情報画像

選考理由

自分で歩き回る探索と違い、常に選択に迫られる緊張感がありました。 道筋が定まっているため物語に集中できるのも良い。

ハロウィン賞

「SweetDevils in HalloweenTown」

spcさん作

ゲーム情報画像

選考理由

ハロウィンの不気味さとポップさを兼ね備えた作品。 アクションも可愛くてとても楽しめました。

痛快アクションRPG賞

「ライアス伝記」

旅人さん作

ゲーム情報画像

選考理由

グラフィックが作りこまれていてアクションへのこだわりを感じました。 動かすのが楽しく、どんどん敵を倒したくなります。

ドラマティック演出賞

「勇者のクズMV」

ナカシマ723さん作

ゲーム情報画像

選考理由

絵の見せ方が素晴らしく、アニメを観ているようなクオリティの高さでした。 グラフィックの動きも細かくて魅力的でした。

ベテランサンタ賞

「サンタmoくろうスru」

シオンさん作

ゲーム情報画像

選考理由

サンタのセリフが温かくてとても癒された。 ゲーム部分も本格的な謎解きになっていて楽しめました。

猛進演出賞

「Dear brother」

クスムさん作

ゲーム情報画像

選考理由

とても勢いのある冒頭部分が印象強くわくわくさせられました。 敵を次々と切り倒していく様が爽快でした。

銭湯賞

「銭湯RPG 『 熱波 』」

ジェバンニp(泉和良)さん作

ゲーム情報画像

選考理由

ゆるいグラフィックと裏腹に、やりこみ性の高い作品。 銭湯のルールを破ると大ダメージを受けるなどユーモアも最高でした。出来る味わい深い作品。 マルチエンディングに感動しました。

夢幻ストーリー賞

「黎明のディザイア」

マテリアルベースさん作

ゲーム情報画像

選考理由

ゲーム表現としてのテキストが凄まじく上手いゲームでした。良質な純文学を読んでいるようなプレイ感覚です。実力を感じます。

艶麗デザイン賞

「眠れる茨の夢と魔女」

cf_uさん作

ゲーム情報画像

選考理由

画面のデザインやキャラクターグラフィックなどどれも美しく作りこまれています。 入力要素など参加できるシステムがよかったです。

ナイストレーダー賞

「損切り貧乏物語」

損下かぶみさん作

ゲーム情報画像

選考理由

表情豊かなキャラクラーが魅力でした。

ベストすごろく賞

「すごろく勇者」

くるぶしさん作

ゲーム情報画像

選考理由

サクサクとサイコロを回せるシステムに驚きました。 いろんなマスに止まってみたいと思わされた。

ネット配信賞

「ダンジョン・チューバー!!!」

へいんさん作

ゲーム情報画像

選考理由

配信者がダンジョンに出向いて視聴数を稼ぐなど 現代にマッチしたシステムが斬新で面白かったです。

ベスト合成システム賞

「カプセルソルジャーと不思議なダンジョン」

yatsureさん作

ゲーム情報画像

選考理由

成長システム、合成システムにこだわったローグライク。 繰り返し遊べるところがとても良い。

ブラックユーモア賞

「『JK』ひいてみた結果www」

暗黒マスターさん作

ゲーム情報画像

選考理由

まるでリアルタイムでその現場を眺めてるような気持ちにさせられる。 システムが斬新でよくできていると思いました。

top